News

Shows

Videos

VICE News Tonight on HBO
2:47

The world’s biggest statue is a right-wing play at revising Hindu nationalism’s place in history

The world’s biggest statue is a right-wing play at revising Hindu nationalism’s place in history
VICE Reports
27:14

猛獣をペットにするクウェートのセレブたち

世界第4位の原油埋蔵量を誇るお金持ち国家クウェート。ほとんどの国民が国家公務員か国営企業の社員で、8世帯に1世帯が1億円以上の資産を保有しているという。そんな国の富裕層のあいだでは、猛獣ペットブームが起こっており、ライオンやチーターなどと戯れている姿をインスタグラムに投稿するのがトレンドだという。
VICE News Tonight on HBO
5:06

This principal figured out how to get kids excited about going to school

This principal figured out how to get kids excited about going to school
VICE News Specials
21:33

急増するペルーの偽札製造

2015年、アメリカで発見された偽米ドル札のうち、16億円相当がペルー産だと判明。首都リマを訪れ、複数の生産者から仕入れを行う売人や、本物と見分けがつかないほど精巧な偽札をつくりだす職人に接触した。 原題:The World Leader in Counterfeiting - Lima's Fake Dollars(2016)
Ask A Bro
7:30

ハリウッドの”男”を解体

男くさいといわれるVICEで働くにあたり、男らしさを捉え直したいというローレン・オイラーがホストを務め、男性たちに人生、愛、友情、仕事について、質問をぶつけていく『Ask a Bro』。今回はハリウッド大通りで、才能はないけどスターになりたい、そんな男たちに話しかけた。
VICE News Specials
40:09

存在を否定された ミャンマーのロヒンギャ族

近年、ミャンマーの民主化に国際的な注目が集まる一方で、ラカイン州に暮らすイスラム系少数民族ロヒンギャ族に対する迫害行為は看過されている。孤立無援の彼らが密入国を試みて危険に晒されたり、人身売買の対象となるケースは後を絶たない。そこに複数の政府が関与している疑惑もある。彼らを取り巻く現実を追った。 ​
VICE News Specials
28:52

メキシコ産ヘロイン ブラックタールの流行

近年アメリカで処方薬やヘロインに含まれるオピオイドの乱用が社会問題となっている。それに伴って、メキシコのアヘン生産量も増加、ブラックタールと呼ばれるヘロインの流行につながった。
VICE News Specials
16:14

仏教徒によるイスラム教徒弾圧 ミャンマーを逃れるロヒンギャ

マイノリティのイスラム教徒であるのロヒンギャたちは、仏教徒が多数を占めるミャンマーで大規模な迫害と差別に苦しんでいる。暴力的な宗派衝突や暴動は彼らの村や家を破壊し、ロヒンギャたちは国内難民として政府管轄のキャンプに住むほかない。だがキャンプはすでに難民で溢れており、医療設備も十分に整っていない。
Broadly Specials
38:48

ブラジル女子刑務所のミス&“ミスター”コンテスト

世界のミスコンで常に上位入りを果たす美女の国、ブラジル。世界第4位の女性受刑者数を誇るこの国では、塀の中でも美しさを競い合う。首都サンパウロにある南米最大の女子刑務所で毎年開催されるミスコンに出場するのは、麻薬取引や誘拐、そして殺人などの罪で長い懲役を課された受刑者たちだ。
Broadly Meets
9:38

急進的フェミニスト メリッサ・ハリス・ペリーの超話力

メリッサ・ハリス・ペリー(Melissa Harris-Perry)は、チューレーン大学政治学教授であり、『南部のジェンダー、人種、政治に関するアンナ・ジュリア・クーパープロジェクト(Anna Julia Cooper Project on Gender , Race , and Politics in the South)』の創設者。
Broadly Specials
12:15

女性に豊かなライフを生み出した官能小説ビジネス

エローラズ・ケイブ(Ellora's Cave) は、2000年にスタートした女性向け官能小説出版社。自らも小説家であるティナ・イングラーと、その母親パティ・マークスによって設立され、現在までの売り上げは70億円以上。官能小説界に、新たな風を巻き起こしている。
Ovary Action
27:56

女性視点で卵子凍結の現状を探る

2014年、アップル社とフェイスブック社は、卵子凍結費用を保険の適用内とする決定を下した。仕事などを理由に妊娠時期の延期を望む女性にとっては画期的な技術に違いない。ただ、成功率や費用の正当性に関しては、疑問の声も上がっている。専門家や施述を受けた女性など、各方面から卵子凍結技術の現状を探る。
0102